プロアクティブ+は本当に効果あるのか!?

ニキビを防ぐには

(公開: 2017年06月22日)

psub25

 

  • 肌や身の回りのものを清潔に
  • 生活のリズムを崩さないように注意

 
ニキビは人それぞれ原因が異なるので、何をやればニキビを克服できるのかは分かりません。 それだけにプロアクティブ+のスキンケアを行うだけでなく、毎日の生活の中でニキビに良くない要素を減らしていくことが重要です。
 

ニキビ予防は肌の清潔にすることが基本

 
ニキビ予防は、まずお肌を清潔に保つことが大事です。 ニキビの原因の一つは、汚れや余剰な皮脂などが毛穴につまってしまうこと。アクネ菌が繁殖してしまいます。
 
汗やほこりといった汚れが毛穴にとどまらないよう、洗顔して落としましょう。 皮脂については、健康な肌には適度の量が必要なので、過度に洗いすぎないよう注意してください。 ぬるま湯での洗顔がオススメです。
 

肌に触れる物は清潔に

 
psub28
 
顔を拭くタオルもそうですが、枕カバーやシーツなども日頃お肌と接触します。毎日清潔なものと取り替えましょう。 また、見落としがちなのがヘアスタイルとメイク道具。
 
毛先が顔に触れるようなヘアスタイルになっていませんか?できるだけ触れないよう髪型をアレンジしてみましょう。 スポンジやパフ、ブラシといったメイク道具も毎日肌に触れるもので、皮脂などを栄養に雑菌が増殖します。 専用のクレンジングや中性洗剤で洗いましょう。使い捨ても有りかもしれません。
 

お手入れは、毎日こまめに

 
忙しすぎる一日が終わった夜は「今日ぐらいスキンケアを休んでも」とか「パパっと終わらせちゃえ」といった心の声が聞こえませんか? メイクが欠かせない人は、帰宅後ベッドに直行して朝までぐっすりなんてことはありませんか?
 
疲れはツライけれど、こんなときこそスキンケアを頑張りましょう。 どんなに素晴らしいニキビケア用品でも、毎日こまめにお手入れしなければ効果は望めません。 きれいな肌でいる方が睡眠の質も上がります。 ニキビのケアにも疲れにも、さっぱりとしたお肌で休むことは大事です。
 

脂質の多い食事は控えめに

 
psub26
 
もともと和食中心だった日本人がニキビに悩まされることは、あまりありませんでした。 どちらかというと脂質の多い食生活に偏りがちな欧米系の人たちの悩みでした。
 
しかし、日本人の食生活が変化するにつれ、ニキビ事情も変化することに。ニキビで悩む人は多いですよね。 脂質の多い食事を控えて「ビタミンA・B2・B6・C・E」といった、お肌に良い影響を与えてくれる食事をするよう気をつけましょう。
 

バランスの良い睡眠を

 
睡眠のトラブルは、お肌のトラブルにも直結します。 夜3時間、昼2時間と一日の合間にポツポツと睡眠時間を差し込んで寝る人、逆に、一日中寝だめする人はホルモンバランスを狂わせてしまいます。 肌が荒れやすくなったり、ターンオーバーのリズムが乱れたり、ニキビができやすくなります。
 
理想の睡眠時間は人によって異なりますが、毎日適度な睡眠をバランス良く保てるよう心がけましょう。
 
orangeプロアクティブ+は本当に効果あるのか!?