プロアクティブ+は本当に効果あるのか!?

ニキビが出来てしまったら

(公開: 2017年06月22日)

 
psub51

 
「ニキビを潰してはいけない」という話をよく聞きますが、そもそも何故ニキビを潰してはいけないのでしょうか。 炎症しているニキビを押し出そうとすると、大抵の場合ひどく痛みます。 押し出す行為は傷ついている肌をより深く傷つけ、ニキビ跡となって肌に色素沈着してしまう危険があるのです。
 
しかし、初期のニキビだけは例外であり、うまく角栓を押し出すことができればニキビの進行を止めることができます。 毎日鏡を覗いていると、赤くなる前の白や黒のポツポツとした初期ニキビを発見することがありませんか? 初期ニキビは炎症を起こす前なので、ニキビ部分に触れても痛みがないのが特徴です。
 
初期ニキビであっても押し出し方を間違えると、肌を傷つけてしまう場合がありますので正しい方法で行ってください。 タイミングとしては、肌が柔らかく清潔な状態である入浴後がおすすめです。
 
きれいな綿棒を2本用意し、ゆっくりとニキビを挟んで押し出します。 力を入れると炎症を起こすので、角栓が出てこない場合でも焦らずに次の日に再チャレンジしてください。 出てきた角栓を優しくふき取り、ニキビ用のスキンケアで潤いを補いましょう。
 
初期ニキビを押し出す際には、周りに肌荒れや赤ニキビがないかどうか確認してください。 ニキビを押し出す刺激で周りの肌を傷つけてしまうと、悪化し完治が遅くなるので触らないようにしましょう。
 

化膿ニキビには薬も歯が立たない!

 
psub80
 
ニキビは悪化すると黄色っぽい膿のある状態や陥没した状態の「化膿ニキビ」になります。 化膿ニキビは痛みもあり目立つので、早く治療したいものですが有効な薬はあまりありません。
化膿ニキビを治療するには、肌の正常なターンオーバーを促進させ、炎症を起こした部分を肌の外に排出させることが重要です。 つまり、薬の力で治すのではなく自分の肌の治癒力で改善していくことが最も早い治療方法なのです。
 
外用薬はピーリング効果で肌の新陳代謝を助けることや、アクネ菌と戦う白血球の働きを強めることなど肌の治癒力を高める役割です。 よって、外用だけを塗り続けていても化膿ニキビは治療できません。 ニキビの原因である日々のケアや生活習慣を改善し、薬は補助として使用するのがオススメです。
 
悪化したニキビは治療に長い時間を要する上に目立つので、早く完治させたいと思いますよね。 しかし、肌のターンオーバーにかかる時間は一定なので、薬を使用したからといって治りが早くなる訳ではありません。 その人の治癒力の高さで完治までの期間は変わります。 若い人や正しい生活習慣を達成している人は治りが早くなるので、薬に頼らず健康的な生活を心がけるように気を付けましょう。
 
pt
 
肌タイプを選ばず使えるプロアクティブですが、化膿したニキビに使っても早く治ることはありません。 しかし、朝と夜しっかり使えば肌を清潔に保つことができますし、新しいニキビの発生を予防できます。 使ってみて痛みや違和感を感じたときは使用すべきではありませんが、 ニキビができていてもスキンケアを続けることは無意味ではありません。
 

ニキビ肌でも保湿成分は充分に与える

 
ニキビ肌は乾燥すると硬化し、より皮脂が肌外部に排出されにくくなります。 油分の多いクリームなどを使用するとニキビを悪化させる可能性もありますが、しっかりと潤いを保つことも重要なので、ニキビ対策用のバランスの良いスキンケアがおすすめです。
 
ニキビ跡のケアにはビタミンC誘導体が配合されたスキンケアを使用すると効果的です。 色素沈着してしまったニキビ跡に、ビタミンC誘導体を導入することでシミの原因となる活性酸素を無害化することができるのです。 さらに、皮脂の過剰分泌を抑制する効果もあるのでニキビそのものも予防します。
 
肌のターンオーバーを正常化させることが、ニキビの改善において最も重要です。 肌にしっかり潤いを補給すると、軟化した古い角質が剥がれやすくなり綺麗な肌表面へと導いてくれます。
 
ニキビ毎日のお手入れにはニキビケア用品を使用しましょう。 正しい洗顔の後、化粧水とクリームで保湿ニキビを防ぐためにはヒアルロン酸など保湿成分が入った美容液で水分補給を行い、 肌をやわらかい状態に保つことで毛穴の詰まりを予防することができますよ。
 
orangeプロアクティブ+は本当に効果あるのか!?